院長あいさつ

橋口整骨院 院長 橋口均

院長の橋口均でございます。
ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院は1986年(昭和61年)に日置郡市来町(現いちき串木野市)に開業し2013年(平成25年)に現在の霧島市隼人町に移転をいたしました。

開業当時は骨折や脱臼したらまず「ほねつぎ」とも呼ばれている当院へ患者様がご来院されるのが日常茶飯事でした。
私のモットーは開業以来一貫して「治すのではなく治させていただく」そのためには出来うることは可能な限り行います。

また当院は患者様に最新の治療をお届けするため既に1994年(平成6年)には「エコ-観察装置」を導入済で現在は2代目が稼働中です。
医療機器のウオーターベッドも今ではポピュラーになりましたが当時西ドイツ製のウオーターベッドが開発された際にはデモのありました大阪まで飛んで行きました。
そして鹿児島県下第一号のウオーターベッドを導入しました。
2014年には「ラジオシステム」、同年のデモを経て2018年には「圧力波治療器(ショックマスター)」、今年も新型ウオーターベッド(通算4代目)など絶えず患者様に最新の治療を提供するため進化しております。

I want to be continue being Core competence for you

(橋口整骨院は患者様にとりましてコア・コンピタンスであり続けたい。)

確かな技術と最新医療機器で治すのではなく治させていただく当院をよろしくお願いいたします。

免許

・柔道整復師
・機能訓練指導員認定柔道整復師
・介護支援専門員(ケアマネージャー)

役職

・公益社団法人鹿児島県柔道整復師会会長
(令和元年5月~現職)
・公益社団法人日本柔道整復師会代議員
(平成24年4月~現職)
・公益社団法人日本柔道整復師会特別諮問委員
(令和3年7月~現職)
・公益社団法人日本柔道整復師会九州ブロック会理事(平成24年4月~現職)
・社団法人鹿児島県柔道整復師会理事
(平成14年4月~現職)
・公益社団法人鹿児島県柔道整復師会会員
(昭和61年7月~現職)
・鹿児島県柔道整復師施術療養費審査委員会委員
(平成15年4月~現職)
・株式会社ウォームブリーズ代表取締役
(平成27年10月~現職)
・一般社団法人日本柔道整復接骨医学会評議員
(令和2年6月~現職)

学会

・日本柔道整復接骨医学会
・日本超音波骨軟組織学会
・日本社会医療学会

スタッフ紹介

橋口 航(副院長/柔道整復師)

池田学園池田中学校(サッカー部所属)
池田学園池田高等学校(同)
日本大学卒業

群馬県で5年間二次救急指定病院にて骨折、脱臼など外傷対応で整復・固定を行う。
夜間当直は毎週、また日曜当直も多く経験し急患対応に精通。
本年当院へ入職。

令和4年より社会人女子サッカーMIGOCARISAトレーナー

好きな言葉「努力は実る」


松﨑 美希(柔道整復師)

重富中学校(バスケットボール部所属)
加治木高等学校(同)
北九州市立大学卒業

福岡医療専門学校職員の後、平成30年当院へ入職。
令和元年、令和3年に発表した学術論文が鹿児島県代表論文
また、九州代表論文に選出される快挙。
本年大分市で開催の九州ブロック学術大会で発表予定
また、日本柔道整復接骨医学会(東京)でも発表予定。

好きな言葉「出来るが増えると楽しいが増える」

院外活動

当院は鹿児島マラソン、菜の花マラソンなど様々なスポーツ大会で救護活動を行なっています。
救護活動を通して地域社会の健康に寄与しております。


これから柔道整復師を目指す生徒たちに講演を行なっております。
第一リハビリテーション専門学校柔道整復科並びに今村学園ライセンスアカデミー柔道整復科の生徒の皆さんに柔道整復師の仕事とはどういうものか、患者さんと接する日々など様々なことを講演させて頂きました。
将来、立派な柔道整復師として国家試験に合格することを祈っております。