柔道整復術公認100周年です!

柔道整復術公認100周年です!平成31年3月7日(木)、早朝の鹿児島空港

朝陽が眩しい中のフライトです

で、何故か宮崎県日南市上空。いつもはもっと北側を
飛びますので今朝は宮崎県の青島、宮崎空港、宮崎市内が望めます。

直ぐに足摺岬

そして室戸岬を通過する頃には東側に雲海が

到着した羽田空港は案の定雨でした。
昨日鹿児島に降った雨を追いかけたみたいです。

そして向かったのがパレスホテル東京



外を眺めますと皇居が目の前。
丸の内1丁目1番地に立地しているそうで
東京の中枢にいる事を肌で感じる初めて訪れたホテルでした。

その目的が公益社団法人日本柔道整復師会設立65周年記念式典
その中で厚生労働大臣表彰を頂きましたので授賞式に出席した次第です。

恐れ多くも私ごときにと思いましたが推薦され大変恐縮した式典でした。

その後、同ホテル「葵」にて柔道整復術公認100周年祈念祝賀会が
開催され出席しておりました。

飛鳥時代からルーツを持ち戦国時代、江戸期、明治時代には苦難があり
大正9年に公認され太平洋戦争後のGHQからの圧力にも耐え今日を迎えております。

そんな先人の苦難を想うと今これで良いのかと自問自答します。
今年から匠の技伝承を原理原則に立ち返り日本柔道整復師会は始めます。
(写真は沖縄県の副会長さんと)

安倍総理大臣からのメッセージや数々のご来賓からの祝辞、
嬉しい限りですが初めて食べることの出来るメニュー表に目を落とし
腕時計とにらめっこです。なにせ鹿児島空港行き最終便は19時25分発。

漸く講道館館長上村先生の乾杯の音頭があり食事が始まりますが
前菜とスープでタイムリミット。

その後のメインメニューなど食べる事無く
後ろ髪を引かれるように羽田に向かいました。


機内で高度や時速そして外気温に驚きながら
私のお腹と寒さは一緒と妙に納得して帰って参りました。
でも帰ってから準備してもらったおにぎりの美味しかったこと。
やはり慣れないことはいけませんね。

今日は患者様方にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
明日も午前中は今村学園の卒業式にお招き頂いており不在ですが
午後からはおりますので厚生労働大臣表彰に恥じない
診療に邁進したいと思います。