のんびり行こうぜ

アウトドア月刊誌BE-PALに毎月こきおろしエッセイを

掲載していました野田知佑さんの訃報が朝刊にありました。

野田知佑さんはカヌーイストで国内はもとより世界中の川を旅し

また、ノンフィクション作家として数々の著書があります。

1990年代は鹿児島市の磯や樋脇川の流れる入来町(当時)に

居を構えておられました。

もう四半世紀前になりますか現在は私が愛用しているこの椅子に腰かけ

このテーブルに向かっているお姿が昨日のことのように思い出されます。

野田知佑繋がりでお会いしたCWニコルさんも2年前の4月3日に

お亡くなりになられましたが不思議とお二人とも桜の花の咲く季節です。

それにしましても私も若いがニコルさんも随分若いな。

 

お二人天国で「のんびり行こうぜ」なんて言いながら

今ごろ酒を酌み交わしていることでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

日当山温泉

2月は鹿児島といへ寒い日が続きます。

そんな中、うららかなポカポカ陽気の午後

西郷隆盛も愛した日当山温泉になおごろうを連れ出しました。

最近なおごろうの調子が良くなくて

動物病院通いがありましたが何気なく通った道に

ここは元気を取り戻す温泉療法を思いつきました。

それにしましても犬猫専用の温泉が有るなんて

流石に霧島市です!

温泉に浸かり、乾いたのどには温泉水。

嬉しそうななおごろをみて私の心も潤いました。

国宝!霧島神宮

令和2年11月末に天孫降臨の霧島神宮が

国宝に指定される嬉しいニュースが飛び込んできました。

そしてそれに合わせて普段見ることのできない国宝の

御本殿、幣殿、拝殿に特別拝観を霧島神宮が企画しました。

なんて粋な計らいでしょう!

11/20に出張先から急いで12/5(日)の申し込みをして

参拝のチケットを頂くことができました。

(御神木)

重要文化財の黒く漆塗りされた階段を静かに登ると

そこには艶やかな龍などが彫られた幣殿、麗しい拝殿

神秘的なご本殿が目の前に現れました(撮影不可ですので想像してください)

私は生涯初めての拝殿ですので感動しすぎてウルウル

状態になってしましましたが一緒に参拝した妻は

久しぶりの拝殿に感慨にふけっていました。

妻の七五三はこの拝殿で行われており当時(約半世紀前)は

彫り物には興味が全く無かったので新しい発見が嬉しかったようです。

 

因みに私の七五三は市来神社(菅原道真公)で鄙びた建物でしたが

今は日本サッカー協会に公認されておりサッカーファンの聖地みたいになっております。

さて、帰りは道すがら昼食にオムライスを頂き

食後のカフェもしました。

霧島は日本初の新婚旅行で坂本龍馬が訪れた地です。

西郷さんも一緒で小春日和で寛げた一日になりました。

ULTRASON RE-3000照射中でした

「設備紹介」コーナーで紹介済みだと思っておりましたが
すっかり抜けていました「ULTRASON RE-3000」を導入から
既に3年経ってからの紹介です。

IMG_20211007_0002

この治療は「超音波治療器」と「超音波骨折治療器」の
2つの機能を有しています。

IMG_20211007_0003

特に骨折患者様への照射は骨癒合の時短化や治癒の短期化
痛みの除去に抜群に威力を発揮しております。

IMG_20211007_0004

また、オスグッドやシーバーなどの成長痛、五十肩や
テニス肘、膝痛などの症状にも超音波治療と共に
当院は「HVMCデルタ」も導入しておりますので
コンビネーション治療でより効果的な早期の痛み除去で
患者様方に喜ばれております。

IMG_20211007_0006

ヘルスリテラシーの患者様方からの問い合わせ等多く有り
HPの再確認で未掲載に気付きました(遅過ぎますね)

IMG_20211007_0001

逆に申しますと時間が過ぎたことで
当院には「コンピテンシー」がございますので
安心してご来院ください。

移転開院8周年ありがとうございます。

9月5日皆様方のおかげで隼人町へ移転しまして
8周年を迎えることができました。
誠に有難うございます。


日本三大砂丘の一つ吹上浜砂丘の北端にある
市来海岸を散歩され集めた貝殻でご存命ならば134歳になる
患者様だったO様のハンドメイド貝細工。常に院長室の傍らにあります。


かけがえのない瞬間が重なって遥かな未来があるように
今、この瞬間を大切に歩んで参りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

桜島

桜島は特別な山です。
鹿児島県民同じ思いの方々ばかりだと思います。

その桜島へ久しぶりに鹿児島市側からフェリーで渡りました。
渡って直ぐにある「桜島ビジターセンター」で面白い発見が。

仮面ライダーと桜島。

ガンダムと桜島。


足湯から鹿児島市側を見れば溶岩の海岸線。

知っているようで新しい発見がありました。


夕刻、輝北天球館から桜島を望めば
長渕剛さんの「桜島」の世界そのものです。
錦江湾に陽が沈み〜♪

こちらは橋口整骨院のある隼人町方向。
隼人港沖の弁天島と沖小島がランドマークになります。

もうすぐお盆休みになりますが今年のスケジュールです。

よろしくお願いします。

今更ながら第2駐車場のご案内です

5月14日今にも降りだしそうな空模様ですが既に例年より

随分早く鹿児島は梅雨入りしています。

 

また、随分ついでに1ヵ月近く前のお話。

橋口整骨院の通算4機種目となるAQUACUBEの

3Dウォーターマッサージベッドが好評なので

隣のベッドはまだ使えるのに患者様のために新たに導入しました。

5機種目になりますが新型は良いですね!大きさ迫力が段違いです。

 

そして昨日は、患者様からの「知らなかった」の言葉にハッとして

第2駐車場の案内看板を設置しました。

今更ながらもう6年前から有るのにです。

これからはもっと何事にも分かり易い細やかな

ご案内が必要と反省しきりです。

さて、デザインは私の描いたイメージを形にしたオリジナル。

コアコンピタンスをモットーとする橋口整骨院らしいオンリーワンです。

自生するノカイドウと和気神社の藤

コロナで新生活様式がポピュラーになりましたね。

そこで、土曜日に市内のお花を見に車で出かけました。

先ずは国指定の特別記念物「ノカイドウ自生地」へ

桜が例年よりかなり早く咲いたので
いつもならゴールデンウィークの頃が見ごろの
ノカイドウもきっと咲いているだろうと…
しかし予想が外れました。

4/10隼人町の気温が20℃、此処は16時前で11℃。
それにしても誰もいない光景は圧巻でした。

帰り道に和気神社の藤を見に行きます。
毎年藤まつりが華やかに開催されますが今年は中止。
ただ、藤の見物は自由です。

夕方ですので人影疎ら。藤まつりからは想像できません。




プライベート藤のようで贅沢に5分咲きの藤見物できました。


白いイノシシも健在。

それにしてもスケール感絶大な絵馬ですね。

遠くへ行かず同じ市内にも色々な表情があるのだなと
再発見のプチドライブでした。

和気神社の帰りに犬飼の滝を眺めていますと
ここで新婚旅行に来た坂本龍馬とお龍さんが同じ滝を
見ていたと思うと暫く動けなくなりました。

隼人町2021〜桜〜

令和3年4月2日、今年の桜は散り始めています。

富隈城跡の桜。

島津家第16代島津義久の居城跡です。

1595年から1604年の間居住していましたので

世は関ヶ原の戦い前後の頃ですね。

今は昔、土俵が懐かしく感じます。

橋口整骨院はこの方向ですね。

なおごろう号と桜。長閑な富隈城跡でした。

鹿児島神宮の桜。

大隅一の宮の佇まいが凛としています。

 

そして、なおごろうの散歩道でもある

龍馬ハネムーンロード。

水路沿に今年も咲きました。

毎朝の散歩で季節の移り変わりを肌で感じます。