鹿児島県霧島市隼人町 橋口整骨院 tel:0996365583

橋口 尚五郎(パグ3歳の春)

橋口 尚五郎(パグ3歳の春)

幼い尚五郎.jpg

これは、鹿屋のブリーダーさんにいただいた、尚五郎が生後2ヶ月頃の写真です。

獅子舞い尚五郎2.JPG

こちらは、今年の年賀状用に撮影した五穀豊穣を願う尚五郎。

 

さて、「尚五郎」の名付けの由来ですが、

ズバリ!肝属尚五郎から頂きました。

 

ご存知の通り「小松帯刀(清廉)」の幼名が肝属尚五郎です。

肝属家は元来大隅(大隅半島)の家柄で、

帯刀は吉利(薩摩半島)の小松家の家督を継ぎました。

 

尚五郎(パグ)も鹿屋(大隅)から市来(薩摩)へ錦江湾を渡ってきました。奇遇ですね^^

あの西郷隆盛や坂本龍馬が幕末、宰相に押していたという小松帯刀のような大きな志を

持ったパグでいて欲しいと、親バカ覚悟で名付けたのですが・・・

座り込む尚五郎.JPG

1週間前、尚五郎を連れ橋口整骨院の周りをいつもよりちょっと長めの

(2㎞)散歩に出掛けたところ、700m地点で疲れて動かなくなりました。

(仕方なく重たい尚五郎を担いで帰りました)

 

今からこれでは、酷暑の夏が心配です。

そこで、

小松帯刀墓2.JPG

それでは本物に気合を入れて頂こうと、私が中学、高校の頃は

自転車でよくお参りに出掛けていた小松帯刀のお墓へ尚五郎も参拝に連れ出しました。

小松帯刀参拝.JPG(羽織袴を持たないので浴衣姿でお参りする尚五郎)

尚五郎は、橋口整骨院のキャラクターになっております。

いつまでも健康でいて欲しいです。ですから、

ララやバニラと一緒に、また明朝も散歩です。

自宅付近の尚五郎.JPG

市来で散歩中の尚五郎を見つけましたら、頑張れ!と、

励ましてあげてください。

 

ところで、橋口整骨院の診察券、封筒、名刺関係などが、

同じ市内のTさん(橋口整骨院HPリンク集ご参照)により、

二人?とも実物より、かなり”よかにせ”に描いていただいた、

私と尚五郎とツーショット画入りに変わる予定です。

(Tさん、ありがとうございます。)

似顔絵

尚五郎、3歳の春でした。