鹿児島県霧島市隼人町 橋口整骨院 tel:0996365583

市来海岸(恵比須ヶ丘)

市来海岸(恵比須ヶ丘)

市来中.jpg

母校「市来中学校」

いつの間にか立派な門になっていました。

その裏門に回ると、

市来中裏.jpg

こちらも派手な看板になっていました。

そして、この裏門を抜けると、松林があり、坂を登ると

市来海岸1.jpg

三大砂丘の一つ、吹上浜の北端にあたる市来海岸です。

市来小学校の校歌の出だしが「恵比須ヶ丘の砂清く~♪」ですので、

地元ではこの辺りの浜は恵比須ヶ丘と呼んでおります。

市来海岸2.jpg

今日の恵比須ヶ丘の光景は、黄砂なのか、例の2.5なのか

霞んでしまっております。(午後2時半頃撮りましたが、誰もいない海辺です)

市来海岸3.jpg

いつもは沖に見える甑島も霞んで望めません。

 

さて、この丘には記念碑が建っております。

記念碑1.1.jpg

よく分からないでしょうからズームアップしますと、

記念碑2.jpg

そうです。昭和天皇が皇太子時代の大正9年3月30日午後5時35分

渡瀬橋(橋口整骨院の前にあります)を御徒歩で渡られ、白砂青松の恵比須ヶ丘に

拵えた桟橋より軍艦にご乗船され、佐世保へ向われたのです。

記念碑裏.jpg

こんなに詳しく分かるのも

記念碑の裏にそう掘ってあるからです^^

 

市来はその昔栄えていた事を垣間見る不思議な場所です。

もっと信じられないのが、この記念碑の文字は

ナントあの東郷平八郎元帥の書です。

 

さて、今度の日曜日(5月26日)は、この記念碑の周りにテントを建てて

ウォーキング大会が開催されます。

また、もう少し水温が上がると、この浜には鱚を狙った投げ釣りが楽しめます。