鹿児島県霧島市隼人町 橋口整骨院 tel:0996365583

番外編

番外編

整骨院風景.JPG

①今日の午後、整骨院の周りの風景を撮りました。左側に大里川が流れ手前は重信川です。

整骨院UP.JPG

②整骨院付近を上空よりアップしました。

整骨院と農高.JPG

③左端に整骨院、そして市来農芸高校の校舎が正面です。

 

穏やかな風景です。ですが、、、

 

1945年(昭和20年)8月12日、私の父は親友宅へ遊びに行き、正午を迎えました。

家人から昼ご飯を食べておいでと、家に帰るように勧められ、その家をでました。

その直後でした。サイレンと共に空襲があり、その親友宅は戦火に包まれ一家全員焼死しました。

まだ10歳だった、父の脳裏に惨い光景が焼きついたようで、生前その話をしてくれたことがありました。

https://www.criticalpast.com/video/65675033359_Strafing-by-planes_United-States-Army-Air-Force_Kyushu_World-War-II

4秒・・・左手に大里川、手前に重信川、右に市来農芸高校グランドです。①の方向とほぼ同じです。

8秒・・・左手に大里川、道路を挟み、右側は実は沼地です。この沼地に現在はジョイフルやマンションが建っています。

14秒・・・元に戻り同じ風景のはずが、

戦火、炎と黒煙がたっています。父の親友宅です。炎の近くに映ってはいませんが、父もいるはずです。②の左側の赤信号付近が燃えていることになります。

 

この映像をネットで発見した時は、ショックで涙が止まりませんでした。

 

「なぜ人間は?

戦わない世界をつくれないの?

野生と理性

人間だけが持っているのに

なぜ生より死を好むの?

歴史が語る悲惨な心から

なぜ目を背けるの?

流す涙を減らしませんか?

私達が人間ならば」

これは六歳の脳障害を持って生まれた子の書いた詩です。

10年前に読んだ「はじめてのことば」日木流奈著(大和出版)の中にあります。