こい・恋・鯉

こい・恋・鯉

皆様ご存知の通り橋口整骨院は隼人工業高校に隣接し、

そのグランド前にございます。

 

一昨日の夕方、部活動中の元気な掛声が突然止み

代りに音声で直ぐにグランドでの部活動を止めて

退避するよう緊迫したアナウンスがありました。

橋口整骨院 上空.JPG 

そうすると外から急に爆音が聞こえ慌てて外に出てみますと

橋口整骨院すぐ上空をヘリコプターが

 ドクターヘリ.JPG

隼人工業 ドクターヘリ.JPG

(グローブとかグランドに投げ出されたままが事の緊急性を物語っています)

 

そのまま土煙をあげてグランドに着陸。

 隼人工業 ドクターヘリと救急車.JPG

そして、待ち受けた救急車が出動。

 

まさにドクターヘリ!

 隼人工業グランド着陸.JPG

隼人工業高校生の急変ではなく、近くで事故があったと後で聞きました。

どうか無事であったら良いですね。

 

さて、本日4月17日(金曜)、菜種梅雨から一転、

一気に春の日差しです。

 

「こい」といえば今年の広島東洋カープは頼もしいですね。

男気!黒田投手がヤンキースから古巣へ復帰して感動しました。

また、去年のドラフト1位でセリーグ新人王の大瀬良投手は

地元霧島市の国分西小学校出身で橋口整骨院で研修中の島子先生とは同級生。

とても仲の良かった野球仲間だったそうです。

carp.JPG

カープヘルメット.JPG 

鯉に恋してバイクのヘルメットをカープに変えて

愛車ズーマーに跨り春の風を切って走る今日この頃です。

 

「こい」つながりで橋口整骨院の前には

 鯉のぼり 4.17.JPG

気持ち良く泳ぐ鯉のぼり。

吹き流しの5色は古代中国の「陰陽五行説」に由来しています。

こちらも青い空と春の風に気持ち良さそうです。

 武者幟.JPG

そして、橋口整骨院の看板横には節句幟。

龍が駆け昇る6mの迫力ある手描きの節句幟です。

 

 昭和38年夏.JPG

さて、時は昭和38年夏。生後4カ月頃の祖父と私。

市来町議会議員の傍ら治療院を営み患者様に接していた祖父は

この時私を抱っこしながらどんな気持ちだったのかなと・・

 初めての隼人塚.JPG

今年の正月、同じように生後4カ月の孫を抱いた時、

祖父の孫への想いがひしひしと分かりました。

 

健やかに育つように願いを込めた節句幟。

龍が駆け昇る空の上から

祖父も微笑んで見守っていることと思います。

節句旗.JPG