鹿児島マラソン2017

鹿児島マラソン2017昨日は10時過ぎより不在をいたし

ご迷惑をおかけしました。

橋口整骨院が診療中、本日救護活動をする

大崎ケ鼻を望んでいました。

2017.3.4.JPG

着いた先は博多。

2017.03.04.JPG

会議で遅くまで九州の柔道整復師のことを

協議いたし県民の皆様への還元をまとめました。

そして、九州ブロック会理事はほとんどが博多に宿泊する中

そうです。去年の沖縄学会に続きひと時も寛ぐ時間を与えられず

DSC_0976.JPG

熊本を過ぎ

DSC_0984.JPG

2017.03.4.JPG

鹿児島中央駅を経由して

2017.3.04.JPG

隼人へ帰り着いたのは既に午後11時ころ。

2017.3.5.JPG

翌朝6時過ぎには有里先生が迎えに

2017.03.5.JPG

2017.03.05.JPG

鹿児島マラソン救護活動へ出発。

2017救護.JPG

暫くすると雨が降り出しましたので

お湯を沸かし低体温症のランナーへの備えを開始!

2017救護所.JPG

トップランナーが駆け抜けて暫くしますと

案の定、低体温症ランナー続出。

DSC_1041.JPG

救急搬送も昨年以上に出て行きました。

dmat.JPG

それにしましてもD.M.A.T専用車はすごいですね。

災害救助への取り組みが素晴らしいです。

DSC_1025.JPG

低体温症であふれる救護所に救護する側が驚いていましたが

経験って不思議なもので自然といつものリズムで活動していました。

2017富岡医師.JPG

「昨年も一緒でしたよね。」と、鹿児島県の救急救命の第一人者

富岡先生に言われつつまた一緒に写真を撮りました。

DSC_1019.JPG

来年もまたご一緒するのかな!?

と、その前に有里先生が明日は大丈夫かな?

20173.05.JPG

誰も車も何も無い国道10号線は今年も不気味に思いました。

県警船.JPG

海を望むと初めて見る県警船。

ランナーの皆様、お疲れ様でした。

そして、ごった返す手当で話せなかった患者様方、

来週お土産話を期待しております。