ラグビーW杯2019観戦記

ラグビーW杯2019観戦記

「4年に一度じゃない。一生に一度だ!」

このキャッチフレーズいいですねー

 

10月13日(日曜)、ウエールズVSウクライナが

開催されます熊本に迷いなく向かいました。

先ずは腹ごしらえで益城熊本空港ICを降りると

直ぐのレストランカウベルで赤牛ステーキを食しました。

車は事前予約のグランメッセ熊本に駐車して

会場の「えがお健康スタジアム」へは直通バスで移動です。

スタジアムの雰囲気、練習風景、ウエールズファンの圧力!

どれもこれも初体験で頬が緩みっ放しです。

こんな夢のような大会が日本で開催されるなんてスタジアムにいても

信じられない感動で胸がいっぱいになってしまいます。

思えば昭和57年東京の街を歩いていて何気なく立ち寄った

秩父宮ラグビー場で一人観戦した「オール早稲田VSオール明治」の試合。

初めてラグビーで黄色い歓声がこだまするのを体験しました。

当時まだバックスタンドは土手でした。

ラグビーワールドカップが始まり期待した日本代表の負けても

ひたむきな姿。オールブラックスの容赦のない攻撃。

 

まさか本格的にラグビーファンになって37年後に

日本でこんな世界が観れるなんておとぎ話のようです。

今の日本代表は初のベスト8に入り20日に

スプリングボクスと戦います。

男たちの真剣勝負にまた震える幸せな時間が始まります。